そのイライラの原因は睡眠不足かも。

今日はいつもより怒りっぽい、小さなことにイライラする…そんな虫の居所が悪い日ってありますよね。もちろん、元々怒りっぽい性格の人もいますし、原因は一つではないですが、睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠不足は感情のアクセル全開状態

睡眠不足の脳は、扁桃体と呼ばれる怒りの感情を生む部位の反応が60%も増幅することが分かっています。睡眠を十分にとっていれば、この扁桃体は前頭前皮質という部位と結びつき感情をコントロールします。感情のアクセル(扁桃体)とブレーキ(前頭前皮質)のバランスが取れている状態です。
ところが、睡眠不足になると、喜怒哀楽の暴走を止めるブレーキがきかなくなり、感情のアクセルが全開になってしまい、イライラしたり、怒りっぽくなったりします。
そして、このような反応は一晩徹夜したタイプの睡眠不足でも、短い睡眠不足が続くタイプの睡眠不足でも同じように起こることが明らかになっています。たった2日ほどの睡眠不足で変わっていくといわれる脳内の活動。あなたは最近イライラしやすくなっていませんか?

怒りの感情はねむりの質を下げる

私たちは、怒りを抱えながら寝床に入ると、その出来事や問題を頭の中で繰り返し考えてしまうことで自然に寝つくことができにくくなります。怒りのコントロールがうまくない人ほど、睡眠の質が低いという検証結果もあります。怒りのコントロール能力は睡眠に大きな役割を果たしています。
睡眠不足によって私たちがイライラし、怒りっぽくなる。怒りの感情を持つことで睡眠の妨げになったり、質を低下させたり…まさに、自ら作り出した不眠の悪のスパイラルにはまっている人は少なくないのです。


感情の暴走は、怒りだけにとどまりません。睡眠不足状態の脳はポジティブとネガティブを行ったり来たりしてしまいます。周囲の人たちに感情の起伏が激しい人、すぐにキレる人などと思われて、コミュニケーションに支障をきたすことが生じてしまうかもしれません。当たり前すぎて、なかなか自分では気づきにくいもの。これを機にご自身の感情と睡眠の関係を見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

大原智子
大原智子睡眠インストラクター・快眠カラーコンサルタント/健康管理士一般指導員
『夜になれば眠るのが当たり前』じゃない現代日本人。
平均睡眠時間は世界ワースト1、5人に1人は睡眠に問題を抱えている現状。
"一億総活躍社会" "働き方改革"と叫ばれる社会の裏で、睡眠時間を削って働き心身の健康を害したり、多くの女性たちがいくつもの役割を全うするために睡眠時間を削って頑張る姿を目の当たりにします。
「睡眠」の時間・質の向上によって、その人が持つ最高のパフォーマンスが発揮され、健康(病気でない)ということだけでなく、それを基盤とした豊かでイキイキとした人生をゴールとしたウェルネスライフにつながることを、多くの皆様に伝え、共有できることを望んでいます。一人でも多くの人が「良く寝た」「すっきりした」と朝を迎えるために、『医療の手前』で出来ることに向き合い、取り組んでいます。
まずは、知ること、そして意識を変え、行動を変え、習慣化させる…良質な睡眠の力で、健康も美しさも手に入れましょう。