目指せ!睡眠効率85%

「なかなか寝付けない」(寝つきが悪い)というお悩みを抱えていらっしゃる方は実にたくさんいらっしゃいます。個人差はあるものの、5~10分ほどかけてまどろみを感じながら徐々に寝付いていくというのが理想の眠り方です。
もしも、瞬間芸のごとく意識を失うように眠れるなどとおっしゃる方がいれば、それは慢性睡眠不足の状態で決して自慢できるのではないので、日頃の睡眠の見直しが必要です。

睡眠効率を見直してみる

睡眠効率とは寝床で過ごした時間と眠っている時間の比率をいいます。
『実際の睡眠時間÷寝床にいた時間×100』で計算。例えば7時間寝床にいたけれど、実際の睡眠時間が6時間ならば85.7%となります。寝床にいる時間と眠っている時間の差が小さいほど睡眠効率は高いことになります。睡眠アプリなどを使えば、自分の睡眠効率を知ることは比較的簡単にできます。
平均的な睡眠効率はほぼ85%といわれています。睡眠効率が低ければ、『めざせ!85%』です。

寝床での行動を見直してみる

寝つきが悪いとおっしゃる方には、スマホをいじっていたり読書に夢中になったりでそもそも眠るとは別の何かをしているパターンと、心配事や悩み事を抱えていて眠りたいのに眠れないといった2つのパターンがあります。(後者はまた別の機会に…)
私たちの脳には、『行為(眠る)= 場所(寝床)』をセットで記憶するという機能があります。ですから、寝床で睡眠以外のことを習慣化してしまうと、寝つきを悪くしてしまうのです。できるだけ、眠りに関係のないものは寝床には持ち込まないようにすることを心がけましょう。
併せて、睡眠スイッチを入れるための習慣をつける事もおススメです。例えば、寝るときにはパジャマに着替える、深呼吸を3回するなどでもいいかも知れません。

時計を見ない

眠れない、夜中に目が覚めてしまった…時に、ついつい気になるのが時間。「もうこんな時間、寝なきゃ明日にひびく」「え~、まだ4時なのに」などと気になってしまってかえって眠れなくなります。また、具体的な時間を見ることで脳が明日もこの時間に起きなければなどと余計なプログラムを組んでしまいます。ですから、眠る体制に入ったら、次の朝目覚ましが鳴るまでは時間を見ない、気にしないといった気持ちが大切です。

この記事を書いた人

大原智子
大原智子睡眠インストラクター・快眠カラーコンサルタント/健康管理士一般指導員
『夜になれば眠るのが当たり前』じゃない現代日本人。
平均睡眠時間は世界ワースト1、5人に1人は睡眠に問題を抱えている現状。
"一億総活躍社会" "働き方改革"と叫ばれる社会の裏で、睡眠時間を削って働き心身の健康を害したり、多くの女性たちがいくつもの役割を全うするために睡眠時間を削って頑張る姿を目の当たりにします。
「睡眠」の時間・質の向上によって、その人が持つ最高のパフォーマンスが発揮され、健康(病気でない)ということだけでなく、それを基盤とした豊かでイキイキとした人生をゴールとしたウェルネスライフにつながることを、多くの皆様に伝え、共有できることを望んでいます。一人でも多くの人が「良く寝た」「すっきりした」と朝を迎えるために、『医療の手前』で出来ることに向き合い、取り組んでいます。
まずは、知ること、そして意識を変え、行動を変え、習慣化させる…良質な睡眠の力で、健康も美しさも手に入れましょう。