GABAでリラックス快眠

多くの方がチョコレートの商品名としてご存知の GABA(ギャバ)。初めて目にしたときはチョコレートにストレス軽減成分が?!と思ったものですが、今や睡眠の質を高める効果も認められ、睡眠前に摂取することを推奨するチョコレートがお菓子売り場に並ぶ時代になっています。

神経伝達物質GABA

「γ-アミノ酪酸」が正式名称のGABAは、わたしたちの体内にも存在する天然のアミノ酸の一種です。
主に脳や脊髄で抑制系の神経物質として働いていて、脳の興奮を鎮めたり、カラダをリラックスさせる効果が認められています。GABAには気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用があり、ストレスや緊張状態が多く交感神経が優位である現代人にとって、自律神経のバランスを整えることに一役かってくれる成分なのです。
カラダがリラックスし副交感神経が優位な状態になれば、ぐっすり快眠につながります。

現代人にはGABAが足りていない!

本来、GABAは体内で十分な量がつくり出されるはずですが、ストレスが多い状態だと、常にストレスを和らげるために使われていて不足状態になってしまします。
また、GABAは睡眠中に体内で合成されるため、睡眠時間が短かったり、睡眠サイクルが乱れたり、熟眠できなかったりすると、合成量が少なくなってしまい、不足してしまいます。
その結果、ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えることが出来ず、リラックスできない緊張状態が続いてしまいます。すると、また眠れない…の悪循環デス。

GABAを食品から摂ろう

GABAは動物や植物の中に含まれる天然のアミノ酸なので、私たちが口にするさまざまな食べ物から摂ることができます。
代表的なおススメ食材は、発芽玄米で白米の約10倍の量が含まれています。漬物、キムチ、納豆などの一部の発酵食品にも多く含まれています。
他にも、トマト、なす、きゅうり、ジャガイモ、アスパラガス、かぼちゃ、みかん、メロン…
キムチからGABAを生産できる乳酸菌が発見されたことで、それを利用したチョコレートや飴、コーヒーなど多くの食品が開発、販売されるようになってきています。

この記事を書いた人

大原智子
大原智子睡眠インストラクター・快眠カラーコンサルタント/健康管理士一般指導員
『夜になれば眠るのが当たり前』じゃない現代日本人。
平均睡眠時間は世界ワースト1、5人に1人は睡眠に問題を抱えている現状。
"一億総活躍社会" "働き方改革"と叫ばれる社会の裏で、睡眠時間を削って働き心身の健康を害したり、多くの女性たちがいくつもの役割を全うするために睡眠時間を削って頑張る姿を目の当たりにします。
「睡眠」の時間・質の向上によって、その人が持つ最高のパフォーマンスが発揮され、健康(病気でない)ということだけでなく、それを基盤とした豊かでイキイキとした人生をゴールとしたウェルネスライフにつながることを、多くの皆様に伝え、共有できることを望んでいます。一人でも多くの人が「良く寝た」「すっきりした」と朝を迎えるために、『医療の手前』で出来ることに向き合い、取り組んでいます。
まずは、知ること、そして意識を変え、行動を変え、習慣化させる…良質な睡眠の力で、健康も美しさも手に入れましょう。